• 大阪の交通事故弁護士に主婦の休業補償を相談する

    大阪で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉や損害賠償請求問題を専門に扱っている弁護士に相談するのが一番です。


    交通事故弁護士は、大阪で示談交渉をすることとなった被害者を味方の立場でサポートしています。



    交通事故に遭うと、その損害は多岐にわたり複雑です。



    大阪の交通事故弁護士は、被害者が賠償金を正当に受け取れるように尽力しています。


    被害者の被る損害には、治療費や車などの修理代とともに休業補償という賠償項目があります。

    休業補償というのは、交通事故に遭ったことでケガをして仕事ができない期間に減ってしまう収入を補てんする補償です。
    休業補償は、その人の収入をベースにした日額で休業した期間請求することができます。
    ここで、主婦の方が大阪で交通事故に遭い示談交渉をすることとなったら交通事故に強い法律事務所に相談するのが一番です。
    被害者が主婦の場合は勤労による収入がありませんが、弁護士に相談することで年齢などをベースにした所定の賃金表を使って正当に休業補償を請求できるように交渉してもらえます。



    示談交渉は、被害者対相手の保険会社で行われるのが一般的です。


    相手の保険会社は、保険金という形で加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場にあります。
    保険会社としては、賠償金の額は極力抑えたいところです。


    大阪の交通事故弁護士に相談することで、相手の保険会社が提示する一律の基準で計算された休業補償よりも増額できる可能性が高くなります。