• 大阪の交通事故弁護士に相談で慰謝料増額の可能性

    大阪には、交通事故問題を多く取り扱い示談交渉や損害賠償請求に強い弁護士がいます。

    交通事故専門の弁護士は、大阪で交通事故の被害者となり示談交渉を行うことになった被害者の味方です。

    交通事故の被害者になってしまうと、いろいろな損害があります。



    身体的なケガや物損、休業による収入減などに加えて、忘れてはならないのが精神的なダメージです。
    被害者は被った損害について相手方に賠償請求でき、精神的に被った苦痛に対しては慰謝料という項目で賠償金を請求できます。



    慰謝料は、治療費や修理代、休業補償などとは異なる特徴を持つ賠償金です。

    というのは、精神的な苦痛という特質から個人差が大きいことによります。
    同じような交通事故でありながら、個人差から慰謝料の金額が大きく異なるという不公平感が出ないようにするために設定されているのが交通事故の慰謝料の算定基準です。


    ところがこの慰謝料の算定基準はひとつではなく、自賠責基準・任意保険基準・裁判基準と3つの基準があります。そして、使う基準によって慰謝料の金額が変わり複雑です。
    慰謝料の金額は、自賠責保険基準では最も安く、逆に裁判基準では最も高額に計算されます。



    慰謝料の金額は相手方との示談交渉で決定しますが、交渉は一般的に相手の保険会社と進めるので注意が必要です。
    相手の保険会社は、被害者への賠償金を保険金として実際に支払う立場にあります。

    よって、交渉の中で安い基準で計算した慰謝料提示する可能性があるからです。大阪で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉専門の弁護士に相談することで裁判基準で計算した慰謝料で交渉してもらえるので増額の可能性があります。