• 大阪で交通事故に遭ったら早い段階で弁護士相談を

    大阪の弁護士の中には、交通事故を専門に取り扱っている先生がいます。

    大阪の交通事故専門の弁護士は、相手方との示談交渉において被害者の味方という立場です。

    大阪で交通事故が発生してしまったら、最優先は怪我人の救護ですが並行して交通事故専門の弁護士の事務所にも連絡を入れます。同時に警察への届け出も必ず必要です。警察への届け出は事故の大小に関わらず必須で、事故の報告があると警察は現場検証や見分をして目撃者の情報などを収集します。

    その結果で見分書を作成しますが、事故に事件性がないと判断されれば警察の介入はそこまでです。



    その後の解決策は当事者どうしに任され、話し合いによる和解となります。


    この話し合いが、交通事故の示談交渉です。
    示談交渉では、被った損害額や精神的ダメージなどについて話し合って加害者から被害者に支払われる賠償金について決定します。
    示談交渉は、被害者対加害者の保険会社で進められるのが一般的です。



    加害者の保険会社は、支払う賠償金の額をできる限り抑えたい立場にあります。そのため、交渉の中では安い示談金で早期合意に持ち込む方向で進める傾向があり要注意です。


    交通事故の示談交渉で損をしないためには、被害者に代わって正当な内容で示談交渉にあたる弁護士のサポートがどうしても必要になります。



    交通事故の被害者の方では示談交渉が難航したり相手の保険会社ともめてから法律相談する人が多いのですが、大阪で交通事故に遭ってしまったらできる限り早め、事故発生直後に交通事故専門の弁護士に法律相談しておくといろいろなアドバイスがもらえて安心です。